インド一人旅 ~物乞いに向き合うこと~

2007年02月15日

現在の時刻は17:00!!
夕日が美しく見えるポイントに到着した。
しかしまだまだ日は沈まない。
防波堤に足を伸ばし、1人物思いにふけり、本を読み始めた。

するとそこに、まだ歩き始めたばかりの赤ちゃんを連れた5歳くらいのお姉ちゃんがやって来て、私に向ってしきりに物を食べるまねをする。
食べるものがないから、「お金をちょうだい」と要求しているようだ。
私は「お金はあげれない」と彼女に伝えた。
しかし次々と物乞いがやってくる。
そして私は断り続けた。

インドに来て物乞いに出会うことは多いが、物乞いの置かれた環境を考えてこなかったような気がする。
なぜ私は小銭をあげれないのだろう。
R1コインは日本円で2.5円の価値だ。
彼らに比べればあきらかに裕福なのに・・・

この国の人は、裕福な人よりも貧しそうな庶民のほうがこまめに小銭を与えていた。
それがとっても印象的だ。


私は今まで、人に物やお金をもらって生活している物乞いを怠惰やこの国が貧しいからだと思っていた。
しかし、富が一部に集中していたり、カースト制度によって職業が生まれつき決まっている人にはどうしようもないという現実もある。

マザーテレサの言葉に、貧しい人にお金を与えても何の解決もしない。とあるが、まさにその通りだと思う。この国の根本的な問題、貧困を解決しなければ・・・

私は物乞いにどのように向き合ったら良いか、インドに滞在中ずっと考えてきた。
結局結論は出せなかったが、貧しい人にお金ではなく、ボランティアとして無償で働くことが出来き、良かったと思う。




同じカテゴリー(旅日記)の記事画像
インド一人旅 ~旅の終わりに思うこと~
インド一人旅 ~ここに来てまたすったもんだ~
インド一人旅 ~アラビア海に沈む夕日と禁酒した理由~
インド一人旅 ~インドでリゾート気分~
インド一人旅 ~水族館という名の熱帯魚屋!?~
インド一人旅 ~ここでの買い物は駆引き~ 
同じカテゴリー(旅日記)の記事
 インド一人旅 ~旅の終わりに思うこと~ (2007-02-23 17:13)
 インド一人旅 ~ここに来てまたすったもんだ~ (2007-02-23 09:17)
 インド一人旅 ~アラビア海に沈む夕日と禁酒した理由~ (2007-02-20 08:48)
 インド一人旅 ~インドでリゾート気分~ (2007-02-12 09:59)
 インド一人旅 ~水族館という名の熱帯魚屋!?~ (2007-02-10 08:27)
 インド一人旅 ~ここでの買い物は駆引き~  (2007-02-05 08:57)

Posted by さっちー at 10:50 │Comments(2)旅日記
この記事へのコメント
小学6年の娘が、外国の小学校の事を調べる事になったそうです。
アメリカが一番人気で、娘はどうしょうと思っていたところ、先生にインドを薦められ決めました。
そういわれても、私のイメージではやはり、人口が多い、貧困と身分制度の国というイメージしかないのです。
最近はIT産業が盛んなようですが、それも一部の階級の人々に限られた事なのでしょうか?
ちょっと調べてみようかなと思うようになりました。
Posted by sara at 2007年02月19日 08:27
sara様

今の小学生はいろいろな勉強をするのですね。
アメリカが一番人気って、大人の旅行先と一緒ですね。。。

インドって一言では言い表せない国だと思います。
それは私が見たインドとsaraさんの娘さんが見たインドではまるっきり違うと思うから!!
しかし一般的に言えることは、この国には正反対のものが存在するということ。富と貧。生と死‥
インドを選ばれたこと、とってもうれしいです。ぜひいろいろ調べられて、素晴らしい勉強になることを応援しています。
調べるのに行き詰ったら、知り合いのインド人をご紹介しま~す♪
Posted by さっちー at 2007年02月19日 19:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。